注目されているFXってなに?

数ある金融商品のなかでも、個人投資家にとって魅力のあるものとして、近年とくに注目されているものにFXがあります。 しかし、このFX、比較的日本では個人投資の歴史の浅いものでもあり、まだよくわからない、なんだか難しそう、危険なイメージがある…など敬遠されている方も少なくないのではないでしょうか。 そこで、関心はあるけれどよくわからない、そんな方のためにFXとはなんなのか、基礎から分かりやすくご紹介したいと思います。 FXとは、正式名称で言うとForeign Exchangeのことで、その“F”と“X”をとって「FX」という通称で呼ばれています。 日本語で言うと、外国為替証拠金取引となります。 なにやら経済的な難しい漢字がならび、なおわかりにくいイメージですが、実際の取引内容はごくシンプルなものです。 外国為替証拠金取引とは、たとえば円を売って米ドルなどを買うといった外国通貨、2国間通貨の売買を行って利益を得ることを目指す取引のことをいいます。 株式のように多種多様な製品やサービスにわたることはなく、対象は通貨に限られます。 しかし、取り扱い通貨は世界各国、幅広いものが国内の手軽なサービスでも扱えるようになってきていますから、バリエーションはかなり広がっているといえるでしょう。 むしろ、通貨に限定されているからこそ、情報収集も絞って行いやすく、株など集めなければならない関連情報が多岐にわたっていて、個人で投資するには難しい従来の金融商品よりも、はじめやすいものであるといえます。 ほかにもFXには、それならではのメリットや仕組みの特徴がありますから、ひとつずつみていくこととしましょう。